hinata

account

Magazine

Official

NFTの無料配布とは?無料配布する方法やメリット、事例を徹底解説!

Official | 2022.10.10

Text by かにやま

SNS上ではNFTを無料でプレゼントする企画が多く案内されています。

「『NFTを無料配布』『Giveaway』って見るけど、どのような目的で無料でプレゼントしているの?」と、なぜ無料で配布するのか気になる方も多いでしょう。

本記事では、NFTを無料配布する方法やメリット、実際の事例も交えてわかりやすく解説します。

自身のNFTコレクションを多くの人に見てもらいたいと考えている人は、ぜひ最後までご覧ください。

1.NFTの無料配布とは

NFTの無料配布とは、企業やクリエイター、自治体などが無料でNFTをプレゼントすることです。

NFTとは、ブロックチェーン技術を使うことで、デジタルデータに作成者や保有者、取引履歴などを付与できるようにした技術を言います。この技術により、データの改ざんやコピーを防ぎ、デジタルデータが本物かどうか判別できるようになりました。

NFTのこうした特徴から希少価値の高まったデジタル作品が、高額でやり取りされていますが、昨今ではあえて無料で配布するケースも増えてきています。

無料配布はGiveawayエアドロップと呼ばれることもあり、自身が保有するNFTを無料でプレゼントする企画も人気があります。

NFTを無料で送ることや受け取ることは比較的簡単に行えるため、これまで多くのキャンペーンで無料配布が行われてきました。

2.NFTの無料配布の事例

NFTの無料配布の事例は次の3つです。

  • アサヒ飲料|必ずもらえるNFTデジタルトレカを無料配布
  • カルビー|NFTゲーム上で10,000人にNFTを無料配布
  • イケハヤ氏|CryptoNinja Partnersのプレセール完売記念

順にご紹介します。

(1)アサヒ飲料|必ずもらえるNFTデジタルトレカを無料配布

引用:業界初!アサヒ飲料が販促キャンペーンにLINEのNFTを選んだ理由

大手飲料メーカーのアサヒ飲料は、2021年12月に飲料業界初となるNFTを景品としたデジタルキャンペーンを実施しています。

これまでキャンペーンに参加したことがない人に応募してもらうため、新規性のあるキャンペーンとしてNFTを無料で配布しました。

無料配布の詳細は以下のとおりです。

  • 配布日時:2021年12月17日〜21日(5日間)
  • 応募方法:アンケートに回答
  • NFT種類:デジタルトレカ 全5種類(毎日1種類)

ユーザーがコレクションを楽しめるよう、毎日アンケートに答えて全5種類のデジタルトレカを集めると限定トレカがもらえる仕組みを導入しました。結果として想定以上の応募を集めており、約30万枚のデジタルトレカを無料配布しています。

さらに、無料で配布されたデジタルトレカがLINE NFTで二次流通しており、転売やユーザー同士で交換が行われています。

キャンペーン終了後もNFTマーケットプレイスで取引され、多くのユーザーの目に入ることでブランド認知の効果を継続することが可能です。

(2)カルビー|NFTゲーム上で10,000人にNFTを無料配布

引用:カルビー初!ゲーム上でNFTを限定配布

大手お菓子メーカーのカルビーは、農業体験ゲーム「Astar Farm」上で抽選10,000人にNFTを無料配布しました。

Astar Farmとは、CryptoGames株式会社が提供している⽇本発のブロックチェーン「Astar Network」を活用したPlay to Earnです。

ゲームをプレイすることで仮想通貨が稼げるPlay to Earnとして、ゲーム内で作物を栽培し、販売することで仮想通貨ASTRを稼ぐことが可能です。

無料配布の詳細は以下のとおりです。

  • 応募日時:2022年7月21日〜31日(10日間)
  • 応募方法:公式Twitterをフォロー後、ツイートをリツイート・いいね
         Discordのキャンペーンチャンネルに参加
  • 配布数 :抽選で10,000人限定

また、NFTが当選した人の中から実物のポテトデラックスを50人に送付するといった、キャンペーンも実施しています。

今回のキャンペーンはWeb3.0(※)の市場に参入し、カルビーのファンと新しいコミュニケーションを実現するためにバーチャルと現実世界を組み合わせた企画でした。

今後もブロックチェーンやNFTを活用することで、商品やサービスの付加価値の向上が期待できるでしょう。

※Web3.0とは……ブロックチェーンを利用した次世代インターネットで、一般的に分散型インターネットと呼ばれている

(3)イケハヤ氏|CryptoNinja Partnersのプレセール完売記念

CryptoNinja Partners(CNP)のプレセール完売を記念して、CryptoNinjaのプロデューサーであるイケハヤ氏がCNPをGiveawayしました。

CryptoNinjaはアニメ化やPlay to Earnゲーム化が決定しており、日本で一番活発なNFTプロジェクトといわれています。

なお、CNPはCryptoNinjaのサブキャラクターを主役にした、22,222点発行のNFTコレクションです。OpenSeaのランキングでTOP10入りを記録し、国内だけでなく世界中のファンを獲得しています。

応募日時:24時間限定

応募方法:CryptoNinjaの公式Twitterをフォロー後、ツイートをリツイート・いいね

配布数 :1体限定

本ツイートは、記事執筆時点で2,000件を超えるリツイート、2,300件以上のいいねがついており、CNPのGiveawayに2,000人以上が応募していました。

企業が行う無料配布だけでなく個人が行う無料配布も人気があり、多くの人が応募しています。

3.NFTを無料配布するメリット

NFTを無料配布するメリットは次の3つです。

  • NFTコレクションの認知度を上げられる
  • Twitterフォロワー数を増やせる
  • 市場のニーズを掴める

順にご紹介します。

(1)NFTコレクションの認知度を上げられる

NFTを無料配布するメリットとして、NFTコレクションの認知度を向上させることが挙げられます。

NFTを出品し、購入されるのを待っているだけではNFTの売上は伸びません。売上を伸ばすためには、希少性や独自の世界観、ストーリーなどのコンセプトを作り、コレクションしたいと思わせるブランディングが求められます。

しかし、そもそも認知度が低いNFTコレクションは、ユーザーが認知していないため購入してもらえません。そのため、まずは認知度を向上させ、多くのユーザーに知ってもらうことが最優先となります。

NFTの無料配布は、その意味で自分の作品を宣伝して、広めたいときなどに有効な企画といえます。例えば、NFT無料配布の応募条件にリツイートを入れることで、より多くの人へ拡散され認知度の向上につながります。

(2)Twitterフォロワー数を増やせる

NFTを無料配布する際にTwitterなどのSNSを有効活用することで、フォロワー数を増やすことが可能です。

NFTを無料配布する応募条件として、自身のアカウントのフォローを必要としているケースが多くあります。

上記の無料配布では、フォローとリツイート、いいねを応募条件としているため、単純計算では500人以上がフォローしている可能性があります。

フォロワーが増えれば、今後有料のNFT作品を購入してもらう可能性も高まります。

(3)市場のニーズを掴める

NFTを無料配布することで、NFT市場のニーズを把握することが可能です。

今は多くのユーザーがNFT無料配布やGiveawayを行っています。無料とはいえ、ユーザーが欲しいと思っていないNFTの無料配布には応募が集まりません。

そのため、多くの応募を集めたNFTは市場のニーズが高いと判断できます。

世界全体のNFT市場の取引額は2020年から2021年でおよそ215倍に拡大しており、NFT販売の競争率が上がってきています(参照:NFTの動向整理 p.5丨消費者庁)。

NFTの売上を伸ばすためには、たしかにほかのNFTとの差別化やアピール方法の工夫が必要です。しかし、そもそも「どんなNFTが受けているのか」「どんな作品が求められているのか」など市場のニーズをおさえていないと、差別化や工夫が意味のないものになってしまいます。

その意味で、NFTの無料配布は行って損のないマーケティング施策と言えるでしょう。

4.NFTを無料配布する方法

世界最大級のNFTマーケットプレイス「OpenSea」を利用した、NFTを無料配布する方法を3ステップで解説します。

  1. 無料配布するNFTを決める
  2. 当選者のアドレスを入力
  3. ガス代を払いNFTを送る

順に解説します。

(1)ステップ1.無料配布するNFTを決める

まずは、OpenSeaにログインします。

無料で送付したいNFT作品を開き、画面右上の「Transfer」をクリックしてください。

価格を設定している場合でも無料で送付できます。

(2)ステップ2.当選者のアドレスを入力

NFTを送付するには、当選者のウォレットアドレスが必要になります。当選した際に、送付するウォレットアドレスを確認しておきましょう。

送付先のウォレットアドレスを入力し、画面下部「send on」をクリックします。

(3)ステップ3.ガス代を払いNFTを送る

最後にガス代(手数料)を支払います。ガス代の支払いにはイーサリアムが必要となるので、事前に準備しておきましょう。

以上でNFTの無料配布が完了です。

5.NFTを無料配布するときのポイント

NFTを無料配布するときは、次の4つのポイントをおさえておきましょう。

  • 応募条件は簡単にする
  • 何度も無料配布をしない
  • 有料のNFT購入への導線を設計する
  • 日頃からNFTについて発信する

順にご紹介します。

(1)応募条件は簡単にする

応募条件をできるだけ簡単にすることが、応募数の増加につながります。

Twitterで無料配布している企画の多くは、アカウントフォローやリツイート、いいねといった簡単な応募条件にしています。もし、高いハードルやめんどうな条件を設定すると、応募者が減る可能性があり認知度の向上につながらないからです。まずはNFT無料配布への応募者数を増やすため、簡単な応募条件を設定しましょう。

さらに応募者数を増やす方法として、より多くの人がSNSを見る時間に案内することも効果的です。週末の夜といった、SNSが比較的活発になっている時間を狙うなど、案内する時間帯も重要になります。

(2)何度も無料配布をしない

NFTの無料配布を何度も行うと、有料のNFTは購入されず無料配布待ちのユーザーが増える可能性があります。

たしかにNFTの無料配布は、始めたばかりのNFTアーティストやSNSのフォロワー数を増やしたい人にとって有効な企画です。しかし、何度もNFTを無料配布すると、購入するものではなく無料でもらうものと認識されるデメリットがあります。ほかの企画に便乗してNFTを無料で配布するなど、むやみに無料配布しないようにしましょう。

(3)有料のNFT購入への導線を設計する

有料のNFT購入への導線を設計することで、無料配布の抽選に外れた方がNFTを購入する可能性があります。無料配布後にNFTを購入できるページを案内するなど、ほかのNFT作品を紹介できるようにしておきましょう。

(4)日頃からNFTについて発信する

無料でNFTが配布されることを怪しいと思い、詐欺の可能性があると不審に感じる人も少なくありません。

応募者に安心感を与えるため、投稿数の少ないSNSで無料配布を案内するのではなく、一定数投稿を続けているアカウントで案内しましょう。そのため日頃からNFTの発信を続けておくことが重要です。

一方、無料配布する側も詐欺に気を付けなければいけません。例えば、当選者を装い偽の送付先にNFTを送らせようとする詐欺が挙げられます。

Twitterで実際に詐欺を受けたと注意喚起があり、詐欺を防ぐために当選者を公開する前にDMで当選を連絡するといった対応策が求められています。

NFTを無料配布する際は、応募者に詐欺と思わせない配慮と自身が詐欺に合わないように心掛けましょう。

6.NFTの無料配布はHINATAで!

NFTを無料配布することは、より多くの人にNFTコレクションを知ってもらうきっかけになります。

NFTの認知度を上げることやSNSのフォロワー数を増やすことが可能なため、NFTアーティストを始めたばかりの人におすすめの企画です。

これからNFTを無料配布するなら、ストーリーや想いを発信できるNFTマーケットプレイス「HINATA」をおすすめします。

HINATAはすべてのアーティスト・クリエイターが輝けるように創作活動を応援し、日本で生み出されるNFTを世界に向けて発信するサービスを展開しています。つまり、HINATAならあなたのNFTのコンセプトや世界観など魅力をたくさんの人にアピールすることが可能です。

ぜひHINATAを利用して、あなたの作品を世界に発信してみませんか。

Recommended

  • NFT会員権とは?事例と作るときのポイント、作り方を徹底解説!

    Campaign

    2022.11.10

  • NFTマーケットプレイスおすすめ6選!選び方や利用のコツも紹介

    Campaign

    2022.04.04

  • NFT音楽とは?事例や作り方、販売方法、売り方のコツを徹底解説

    Campaign

    2022.05.28

  • NFTチケットとは?特徴から事例やプラットフォーム、課題まで解説

    Campaign

    2022.10.10