hinata

account

Magazine

Official

NFTゲームとは?おすすめランキングや稼ぐ方法、注意点を徹底解説

Official | 2022.04.28

Text by Hinata official

「『NFTゲームで稼げる』って聞いたけど、普通のゲームとの違いや始め方がわからない……」

NFTゲームという言葉が界隈を賑わせている今、そのような声がよく聞かれます。

この記事では、NFTゲームについてわかりやすく解説し、NFTゲームの稼ぎ方やおすすめのNFTゲームをご紹介します。

NFTゲームでお金を稼ぎたい方に役立つ記事となりますので、参考にしてみてください。

1.NFTゲームとは

NFTゲームとは、キャラクターやアイテムがNFT化され、それを売買して暗号資産を稼げるような仕組みを持つゲームのことです。

そもそもNFTとは、Non-Fungible Token(非代替性トークン)の略称で、デジタルデータにこの世にひとつしかない資産価値を持たせる技術を言います。

暗号資産の基盤技術であるブロックチェーンを活用することで、デジタルデータのコピーや改ざんを理論上不可能にし、唯一無二の希少性を証明しています。

なお、NFTゲームはブロックチェーン上に開発されているためブロックチェーンゲームとも呼ばれています。また、NFTゲームで遊んで稼ぐことを「Play-to-Earn」と言われています。

2.NFTゲームの特徴

NFTゲームの特徴は、主に次の3つです。

  1. 遊ぶだけで稼げる
  2. サービスが終了しても資産として引き続き所有できる
  3. 不正ができない

順にご紹介します。

(1)遊ぶだけで稼げる

NFTゲームは暗号資産を利用しており、ゲーム内で獲得したキャラクターやアイテムをNFTマーケットで販売したり、NFTゲームの大会に参加し暗号資産を獲得したりすることで暗号資産を稼げます。

NFTゲームで稼いだ暗号資産は、暗号資産取引所で日本円に換金することで、収益を得られます。

(2)サービスが終了しても資産として引き続き所有できる

従来のゲームのキャラクターやアイテムが単なるデジタルデータであったのに対し、NFTゲームはキャラクターやアイテムを資産価値があるNFTとしてプレイヤーが所有できます。

たとえNFTゲームのサービスが終了しても、NFTのキャラクターやアイテムは引き続き資産としてプレイヤーが所有でき、ほかのNFTゲームでの利用が可能です。

(3)不正ができない

NFTゲームはブロックチェーン上で開発されているため、ユーザーが不正をできない仕組みになっています。

データはブロックチェーン上で分散管理し、データの改ざんがないか監視しているため、万が一データが改ざんされても不正はすぐに発見されます。

3.NFTゲームのおすすめランキング

それではここで、これからNFTゲームを始めたい方におすすめのTOP5をご紹介します。

(1)1位 Crypto Spells

引用:Crypto Spells(クリプト・スペルズ)

Crypto Spellsは、持っているカードを対戦相手と戦わせるトレーディングカードゲームで、持っているカードは自由に売買できるNFTゲームです。

NFTゲーム名Crypto Spells(クリプト・スペルズ)
特徴・日本で開発された、国内最大級のNFTゲーム
・オリジナルカードを作れる
・ゲーム内のアイテムが、MyCryptoHeroes(マイクリ)と相互使用可能
プレイするときの注意点レアカードは購入しなければ手に入らない
こんな人におすすめ・海外製のNFTゲームが心配な人
・リスクなく稼ぎたい人
公式URLhttps://cryptospells.jp/

(2)2位 Sorare

引用:Sorare(ソラレ)

Sorareは、フランスで開発されたサッカーカードゲームで、実際のサッカーの試合がスコアに大きく反映されるNFTゲームです。

NFTゲーム名Sorare(ソラレ)
特徴・人気なカードは高額で取引される
・チーム編成後は放置するだけ
・報酬がETH(イーサリアム)で貰える
プレイするときの注意点実際の試合結果によって稼げるかどうかが大きく左右される
こんな人におすすめ・サッカーが好きな人
・他のNFTゲームと両立したい人
公式URLhttps://sorare.com/

(3)3位 Thetan Arena

引用:Thetan Arena(シータン・アリーナ)

Thetan Arenaは、スマホで遊べるMOBA形式のバトルロワイヤルゲームで、ブロスタに似たNFTゲームです。

NFTゲーム名Thetan Arena(シータン・アリーナ)
特徴・ヒーローによって稼げる回数・金額が違う
・スキル次第で勝てるゲーム
・初心者でも簡単な操作性
プレイするときの注意点スマホアプリで購入したヒーローはNFT非対応
こんな人におすすめ・初期費用を抑えたい人
・NFTゲーム初心者の人
公式URLhttps://thetanarena.com/

(4)4位 The SandBox

引用:The Sandbox(ザ・サンドボックス)Twitter

The SandBoxは、ゲーム内で土地を保有でき、土地の上で新たなゲームを作ったり、土地を不動産のように取引したりできるNFTゲームです。

NFTゲーム名The Sandbox(ザ・サンドボックス)
特徴・仮想空間「メタバース」を自由に楽しめる
・NFT×メタバースで今後の将来性は期待できる
・SHIBUYA109と提携している
プレイするときの注意点LANDやゲーム内アイテムの偽物が安価に販売されていることがある
こんな人におすすめ・シミュレーションゲームが好きな人
・リターンを狙いたい人
公式URLhttps://www.sandbox.game/jp/

(5)5位 Pegaxy

引用:Pegaxy(ペガクシー)

Pegaxyは、自分の保有しているPegaをレースに参加させ、上位入賞を狙う競馬のようなNFTゲームです。

NFTゲーム名Pegaxy(ペガクシー)
特徴・Pegaを貸し出して報酬を得られる
・Pegaを借りてレースに参加できる
・Pegaを繁殖させ、新しいPegaを販売したり貸し出したりできる
プレイするときの注意点がっつり稼ぎたい場合は、Pegaの購入が必要
こんな人におすすめ・初期費用を抑えたい人
・難しい操作をしたくない人
公式URLhttps://pegaxy.io/

4.NFTゲームで稼ぐ方法

続いて、NFTゲーム内のアイテムを売買し、利益を稼ぐ方法を3ステップで解説します。

(1)手順1.Coincheck(コインチェック)を無料で口座開設する

NFTゲーム内のアイテムを売買するためには、NFTマーケットプレイスを利用する必要があります。NFTゲームの場合、Coincheck NFT(β)の利用が一般的です。

Coincheck NFT(β)は、国内初のNFTマーケットプレイスであり、ユーザー同士でNFTアイテムと暗号資産の取引ができます。

Coincheck NFT(β)を利用するには、Coincheck(コインチェック)の口座が必要になるため、口座を持っていない方は口座開設をしましょう。

(2)手順2.Coincheck NFT(β)とMetaMask(メタマスク)を連携する

Coincheck NFT(β)で NFTアイテムを売買(入庫・出庫)するには、MetaMask(メタマスク)と連携する必要があります。

MetaMask(メタマスク)をインストールしていない方は、事前にMetaMask(メタマスク)をインストールし、Coincheck NFT(β)と連携しておきましょう。

(3)手順3.Coincheck NFT(β)でNFTを売買する

NFTゲーム内で獲得したNFTアイテムや今後人気が出そうなアイテムを安く買い、Coincheck NFT(β)でNFTアイテムを出品してください。

なお、出品時に「出品価格」と「受取通貨」を自身で決められます。

出品したNFTアイテムが購入されたら指定した通貨で代金が入金されるので、換金することで日本円を得られます。

(4)NFTゲームで稼ぐコツ

NFTゲームで稼ぐために、初心者向けのコツを2つご紹介します。

①新しくリリースされたNFTゲームに挑戦する

新しくリリースされたNFTゲームであれば、先行者利益を得ることが可能です。

参考までに、The Sandboxのゲーム内通貨である暗号資産のSANDでご説明します。

【The Sandbox/SAND】

・2021年1月  1SAND:約4円

・2021年11月     1SAND:約950円

参照:CoinMarketCap

およそ10ヶ月で、SANDの価格は約237倍も高騰しています。

2021年1月からThe Sandboxで遊び始めて、SANDを貯めていた方はかなり大きな利益を出しているでしょう。

NFTゲームはまだ世間の認知度が低いため、NFTゲームがリリースされた直後に参入することで、先行者利益を得られる可能性が高いです。

なお、DappRadar(ダップレーダー)を使えば、どのようなゲームが流行っているのか、どんなゲームが新しくリリースされたのか、いち早く見つけることができます。

②毎日プレイし、コツコツ稼ぐ

NFTゲーム内で決められたデイリーミッションをクリアすることで、報酬としてトークンやNFTを得られます。

デイリーミッションはゲームによって異なり、以下のようなミッションが多いです。

  • ログインする
  • バトルで勝利する
  • アイテムを獲得する

毎日プレイすることで報酬を得られるため、デイリーミッションは初心者にとって稼ぎやすい仕組みです。

5.NFTゲームの課題

プレイするだけで稼げる、NFTゲームの魅力をご紹介してきましたが、課題点もあります。

  • 通常のテレビゲームやスマホゲームに比べて、ゲームのクオリティが低い
  • NFTゲームの参入から日本円へ換金するまでの手順が多く、参入障壁が高い
  • NFTゲームに対する法整備が不完全のため、今後法規制の対象となる可能性がある

しかし、現状の課題は今後ユーザーが増えるにつれて改善が期待されます。

改善された後も大きな利益を得られるように、新規NFTゲームをCoincheck NFT(β)などのNFTマーケットプレイスDappRadar(ダップレーダー)などを見てチェックしておきましょう。

6.NFTゲームの将来性

2022年に入り爆発的に成長しているNFT市場の波に乗り、NFTゲームの利用者もさらに増えることが見込まれるため、NFTゲームの将来性は明るいと考えます。

  • 大企業の参戦により、市場の成長が加速する可能性が高い
  • 利用者が増えることで、法整備や参入障壁の改善が進むことが予想される
  • NFTゲームが人気になることで、暗号資産の需要が高まり、価格の上昇が期待できる

NFTゲームの課題を克服し、将来的にすべてのゲームにブロックチェーンやNFTの技術を利用するときがくるかもしれません。

7.NFTゲームの良い口コミ・悪い口コミ

最後に、NFTゲームの良い口コミ・悪い口コミをご紹介します。

(1)良い口コミ

(2)悪い口コミ

8.NFTを購入・販売するならHINATAで

NFTゲームは、遊ぶだけであったゲームを、遊びながら暗号資産を稼げる仕組みへと進化させてくれました。

世界では既に大きな盛り上がりを見せており、NFTゲームだけで生計を立てられるようになり、仕事を辞めた方や家を購入した方もいます。

しかし、NFTゲームが今後も成長を続けるには、「暗号資産での決済」・「高価な手数料の発生」といった初心者に対する参入障壁を下げる必要があります。

そこで、NFTマーケットプレイス「HINATA」を使えば、初心者に対する参入障壁を下げられ、NFTアイテムの売買をさらに活性化できます。

「HINATA」は、法定通貨(日本円)での決済に対応しているため、暗号資産口座やウォレットの準備は不要です。

「HINATA」への会員登録だけで簡単にNFTを購入でき、特許取得済みの独自プライベートチェーン「HAZAMA」を利用しているため、販売や決済にかかる手数料が低コストを実現しています。
これからNFTゲームを始めたいという方は、簡単かつ低コストにNFTを取引できる「HINATA」の利用をおすすめします。

Recommended

  • ドット絵のNFTを簡単に作れるアプリ3選!出品手順や売るコツも紹介

    Campaign

    2022.08.12

  • NFTをビジネスで活用するには?実際の事例と留意点を解説!

    Campaign

    2022.08.11

  • NFT不動産とは?いま注目の投資を解説!【特徴・始め方・将来性】

    Campaign

    2022.06.27

  • NFT市場で写真を販売できる?販売手順や売るコツ、注意点を解説!

    Campaign

    2022.05.28