hinata

account

Magazine

Art

愛と癒しで見る者を圧倒する”踊絵師“神田さおりがさらなる進化へ。新時代のアートを体感しよう。

Art | 2023.05.26

Text by Hinata official

  • Information
  • KandaSaori
  • Real GALLERY

リアルアート×NFT×音楽×クリニック

 ” 魂の悦びの解放”を創作のテーマとし、Toyota、Maserati、Xgame、Canon、NISSAN、AlfaRomeoなど、名だたる大企業とコラボレーションやCMに出演する現代アーティストの” 踊絵師 “神田さおりが、自身初のNFT分野に挑戦します。
 その幕開けとして、東京・表参道のAFRODE CLINIC(アフロード・クリニック)内のギャラリーにてリアルとデジタル、アートと音楽、そしてアートとウェルネスを全て融合させた新時代の個展を開催することとなりました。

 ”LOVE YOUR SELF”というテーマのもと制作された各作品は、デジタル作品ならではの動くアートに加え、さらに4名のミュージシャンによる音楽と神田さおり自身のヒーリングボイスで、観る者をアートの世界観へ引き込むエネルギーヒーリングアートとなっております。

 また会場となるアフロードクリニックは、アートを処方(アート箋)することで心身のウェルビーイングを向上させるというコンセプトを持っており、当個展のテーマ”LOVE YOUR SELF”とも強く共鳴する部分があります。

 各作品は、アフロードクリニックの各個室にデジタルキャンバスで展示されるため、作品とご自身だけの空間でゆっくりとお楽しみいただけます。

神田さおり個展”LOVE YOUR SELF 〜 NFT ∞ ART ∞ WELLNESS”

 日時:6月18日(日)〜6月28日(水)
 場所:AFRODE CLINIC(〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目5−7)
 入場料:無料

コラボミュージシャン

 CD HATA from Dachambo
 Akira∞Ikeda
 Yuichiro Kotani
 KENTA HAYASHI

協力

 デジタルキャンバス「Meural Canvas II」:ネットギアジャパン合同会社
 NFT作品販売:NFTマーケットプレイス「HINATA」
 デジタル画像署名:合同会社QRテクノロジー

神田さおり プロフィール

 山口県産まれ / イラク&ドバイ育ち。日本への強い憧憬と共に世界各地の様々な暮らしに根付いた美意識に触れる。” 魂の悦びの解放” をThema に生き様そのものを表現とするアーティスト。2020 年より ” 女神開花” ” エロス解放” をテーマとした作品シリーズをスタート。SelfLove activist として活動開始。

 死生感に於ける命の源としての” 性” に向き合い、自らを愛し直すことの重要性を作品に込めて写真、舞踊、絵画、音楽、映像、詩作など多岐にわたる手法で表現活動を行う。

 また、肉体そのものを表現メディアとする” 踊絵師 “として世界各国のセレモニーやフェスティバルに出演し、その土地と出逢った方々のエネルギーを受け取り、儀式芸術として祷をこめてキャンバスに現し続ける。音•舞•衣•香•食など様々な表現を巻き込み、五感を満たす独自のセレモニーアートパフォーマンスは舞台芸術として評価され、世界遺産/ 沖縄中城跡、奈良/ 天河大弁財天社、岡山/ 吉備津彦神社にて御奉納を務める他、台湾・上海・香港・アメリカ・フランス・スイス・カザフスタン・インドなど世界各地に招聘される。

Toyota、Maserati、Xgame、Canon、NISSAN、AlfaRomeo、TAITTINGER、VIVIENNETAM、COMTESSE、Whotel、CHAUMET、Cartierなど様々な企業とのコラボレーションも行いCM出演他、ブランドプロデュースも多数手がける。

Website: https://lit.link/saorikandalovelight

Instagram: @saori_an_jp

コラボミュージシャン プロフィール

CD HATA from Dachambo

 Yahoo公認フェス番長バンド”Dachambo”のシンセサイザー担当6度のフジロックへの出演、ライジングサン、朝霧jam、サマーソニックなど日本のフェスへ多数出演Yahooよりフェス番長の称号を与えられる。オーストラリアツアー、バーニングマンを含むアメリカツアーなどワールドワイドに活躍しながら、通算10枚のアルバムをリリーステクノDJとしても、野外フェス、クラブイベントで活動中remix制作、MixCDリリース、アルバムなど多数のリリースオーストラリアやフランス~スペインツアーなど海外でもDJ活動音楽ソフト本の執筆や、クラブミュージック情報サイトでの音楽機材コラム、DTM楽曲制作講師、イベント運営、クリエイティブチーム“インビジ”に所属など多くの活動の幅を持っている。

https://linktr.ee/cdhata

Akira∞Ikeda

 1981年京都府生まれ、京都府在住。これまでに訪れた国は25ヶ国を越え、 現在も様々な地で活動を続ける。音が持つ可能性、原理、源を探求し、土地、人、自然、 地球と調和する、波動を伝える音楽活動を展開している。
楽器を通じて様々な感情を昇華する体験をベースにして様々なワークショップやリトリートのコラボレーションをしてきた。ハンドパンやハンドタン、自作水楽器の波動太鼓(ハドウラム)、や自作フルート、鹿の自作メディスンドラム、創作ハープ ビワリラ、パーカッション、横笛、ディジュリドゥ、ルーパー等、使用楽器の多様さに加え、ラップトップでのトラック制作も行う。432hzやソルフェジオ周波数に調律した楽器や、テラヘルツ化されている機材や楽器を使用し演奏や制作を実験、実践している。

https://www.akira8ikeda.com/

Yuichiro Kotani

 日本の古都、京都で生まれ育ち、現在は東京を拠点とする電子音楽家、アーティスト。世界各地で熱狂的に支持されているパーティーであり、現在進行形の新しいDeep Houseの潮流を生み出したレーベルでもあるAll Day I Dreamから日本人初のアーティストとして”Playground #1”をリリース。レーベルを率いるLee BurridgeのみならずSasha、Hernan Cattaneo、Tony McGuinness(Above & Beyond)などトップクラスのDJ達のサポートを得る。2020年後半からはモジュラーシンセサイザーを用いたライブ活動を開始。ソロパフォーマンスに加え、熟練のミュージシャン達とのセッションを展開。”今ここ”でしか感じることの出来ない音楽体験を生み出し続けている。

https://linktr.ee/YuichiroKotani

Yuichiro Kotani

 18歳で単身渡米。ハリウッドのMusicians’ Institute卒業後、カリフォルニアを中心に8年間アメリカで音楽活動を展開。2011年に帰国しソロ活動を開始。ループペダルを駆使し、その場で一音一音を重ね1人でオーケストラの様な壮大なサウンドを創り上げる。  2015 年からワールドツアーを開始し世界35ヵ国で幅広く演奏を行っている。ハンガリーのOZORA’19, イギリスのGlastonbury’17やFUJI ROCK ’16出演は印象深く、Rollingstone誌でFUJIROCK’16おすすめ邦楽アーティスト5選に選ばれ話題を呼んだ。地球全体、そして宇宙からインスピレーションを受けたハイブリッドでジャンルレスなサウンドは世界各国で幅広い層の人々から熱い支持を得ている。2020年初頭ヨーロッパツアー中にスロベニア、リブリャナのニューエナジータキオン社にて体も楽器もタキオン化完了。新生タキオンミュージシャンとして生まれ変わり「愛と光を音楽で世界に届けるヒーリングプロジェクト」を始める。タキオン化されたギターを使い432Hzやソルフェジオ周波数のヒーリングソング、そして432Hz惑星シリーズをリリース。

https://www.kentahayashi.com/

AFRODE CLINIC

 AFRODE CLINICは、医療を根幹に据えたうえで、食事、運動、美容、アートなどの様々な”選択肢”を提供する、新たな形のウェルビーイングを創造している医療機関です。中でも「Medical×Art」による「アート箋」の一環として、院内には数多くのアート作品を展示しており、定期的にイベントを企画・開催しています。

■公式サイト:https://afrode-clinic.art/


SAORI KANDA

山口県産まれ
幼少期をイラク&ドバイにて育ち、日本への強い憧憬と共に世界各地の様々な暮らしに根付いた美意識に触れる。
“魂の悦びの解放”をThemaに生き様そのものを表現とする現代アーティスト。
2020年より “女神解放” “エロス解放”をテーマとした作品シリーズをスタート。死生感に於ける命の源としての”性”に向き合い、自らを愛し直すことの重要性を作品に込めて写真、舞踊、絵画、音楽、映像、詩作など多岐にわたる手法で表現活動を行う。また、肉体そのものを表現メディアとする” 踊絵師 “として世界各国のセレモニーやフェスティバルに出演し、その土地と出逢った方々のエネルギーを受け取り、儀式として祷をこめてキャンバスに現し続ける。

音•舞•衣•香•食など様々な表現を巻き込み、五感を満たす独自のセレモニーアートパフォーマンスは舞台芸術として評価され、世界遺産/沖縄中城跡、奈良/天河大弁財天社、岡山/吉備津彦神社にて御奉納を務める他、台湾・上海・香港・アメリカ・フランス・スイス・カザフスタン・インドなど世界各地に招聘される。

Canon,NISSAN,AlfaRomeo,TAITTINGER,VIVIENNETAM,COMTESSEなど様々な企業とのコラボレーションも行い、CM出演他、ブランドプロデュースも多数手がける。

LinksYou TubeInstagram


WORKS

SAORI KANDA

Recommended

  • 「ものづくりとコンテンツの融合」をめざすICOMAが考えるNFTの可能性

    Campaign

    2022.01.11

  • [INTERVIEW] もっと心の深くまで――芸術家・SAORI KANDA <1>

    Campaign

    2023.09.28

  • 古い黒板に刻まれるノスタルジー。数式に満ちたAnastasia Vasilyevaの独創的なアートワークとは。

    Campaign

    2022.12.27

  • 世界と人々へ感謝と愛と賛美を込めた、エモーショナルな美をキャンバスに映し出すRAMZIのモットーとは?

    Campaign

    2022.12.23