hinata

account

Magazine

Official

マーケットプレイス“HINATA”がめざす、デジタルアートの世界。

Official | 2022.01.11

Text by Hinata official

すべてのアーティストやクリエイター達が、デジタルという陽の下で、輝ける時代に—。

2022年1月11日、株式会社FUWARIがマーケットプレイス「HINATA」をローンチしました。

「HINATA」は、すべてのアーティスト・クリエイターたちが輝ける、デジタルという陽の当たる場所を目指します。

デジタル化が進み、更には新型コロナウイルス蔓延も重なり、人の関わりが薄くなる一方の昨今、アーティストやクリエイターたちが輝ける場が減ってしまっているのが実情です。新しい技術を使って彼ら、彼女らのことをより知ってもらえる場になって欲しい。そういう想いから「HINATA」というサービスを立ち上げました。

”NFTって最近よく聞くけど、価値のないものを無理やり流行に乗って売ることでお金にしているだけじゃないの?”

正直そういうケースも多々あると感じてます。せっかくの革新的な技術がそんなチープな使われ方で、多くの人によく知られる前に世の中から消えて行くことは避けなければいけません。

「HINATA」は、デジタルデータなら何でもNFTにして売ったらいいや、ということは絶対にしません。

どんな作品やサービスにも想いがあって、伝えたいものがあって、変えたいものがあって、ストーリーがあります。アーティスト、クリエイター全ての才能溢れる人たちの想いを新しい技術により、新しい形で伝えるのが「HINATA」の役割です。

環境にも配慮を

NFTの話題で切っても切り離せないのが環境問題です。もちろんNFT自体をやらないのが一番良いと言われてしまえばそれまでかもしれませんが、必ずこの技術は世の中に浸透していきます。

技術が使われる前提であれば、技術自体を放棄するのではなく、その中で最も環境に優しい使い方を模索するべきだと考えています。技術と環境との共存も目指していかなければいけない大きな課題だと思います。

弊社の採用しているブロックチェーン技術「HAZAMA」を利用することで、他のブロックチェーンネットワークで発生するガス代問題を解決し、電気使用などを抑えることが可能です。※詳細は別記事にて紹介。

“日本から世界に羽ばたく”プラットフォームにこだわる理由

ブロックチェーン技術が日本から生まれたかもしれないというのはご存知でしたか?

インターネット以来の革命と言われ、全世界を熱狂させる技術革新が日本から生まれた可能性があります。それにも関わらず、法整備や技術の理解不足の問題で今や日本は完全にブロックチェーン領域で諸外国に遅れを取っています。もったいないじゃないですか。

また、日本は古くからの伝統工芸に始まり、アニメなどのサブカルチャーなど、とてもユニークな創造性を発揮し、世界からも目を向けられてきました。まだまだ発信しきれてはいない素晴らしい作品がたくさん眠っています。

知ってもらいたいのです!

独自の世界観を持ち、人々を魅了するクリエイターたち、そのコラボ第一弾はICOMAさんの「タタメルバイク」とさせていただきました。

さまざまな環境に適応する変形電動バイクは、デザイン性に優れ、バイク一つ一つがアート作品です。

物を作るのではなく、コンセプトを作る。まさに新しい物作りを行っている素晴らしいサービスです。

次に続くビッグコラボとして、日本を代表する京都友禅の下絵を準備しております。

日本の伝統文化は美しい

京都友禅と言えば、着物の染色技法の中でも歴史があり、最も有名な技の一つです。染めに使うための繊細に書かれた美しい下絵は、何と100年以上前の物も残っています。

実際の着物はもしかしたらもうこの世にないかもしれません。しかし残っている下絵をブロックチェーン上でデジタルデータを刻むこむことで半永久的に残すことが可能なのです。

またデジタルデータにすることで、仮想空間上で着物を甦らせたり、現代のアーティストとのコラボなど、今までなかった新しい表現の幅も広がります。こちらも準備してますのでお楽しみに。100年以上前に失われた着物がデジタルデータで甦る。素敵じゃないですか。

他にも様々なアーティスト・クリエイターたちを巻き込んで鋭意企画進行中ですので、多くの楽しい作品たちに触れていただくことができると思います。

今後の展開

HINATAは独自のNFTプラットフォームとなるため、現時点では他のプラットフォーム(Openseaなど)に獲得したNFTを送ることは出来ません。将来的には段階を追って、より多くの人に楽しんでもらえるよう流動性が出る仕組みは考えています。

現時点で追加が確定している機能は以下になります。

  • プラットフォーム内2次流通機能:購入(もしくは無料で取得)したアイテムの売買が可能
  • 本物証明機能:リアルワークスにおいてもNFTと連動して本物証明できる機能

他にも出来ることがあまりにも多いので、追加機能は精査しているので、順次スケジュールが決まり次第、発表していく予定です。

NFTが開く新しいデジタルの世界は、あなたの可能性を無限に広げてくれます。また「HINATA」では、コラボするクリエイターの方々もお待ちしております。あなたの創造性を次の次元に引き上げてみませんか。

Recommended

  • NFTファッションとは?特徴や事例、買い方・売り方を簡単解説!

    Campaign

    2022.09.03

  • キャンペーンNFTの取得方法

    Campaign

    2022.01.11

  • 【NFTと税金】利益の計算方法や確定申告の手順を税理士が解説

    Campaign

    2022.06.27

  • NFTゲームとは?おすすめランキングや稼ぐ方法、注意点を徹底解説

    Campaign

    2022.04.28