hinata

account

Magazine

Art

世界と人々へ感謝と愛と賛美を込めた、エモーショナルな美をキャンバスに映し出すRAMZIのモットーとは?

Art | 2022.12.23

Text by Hinata official

  • Feature
  • Interview

絵を描くようになったきっかけは?

子供の頃、父が絵を描いているのを何度も見ていました。私はそんな父の姿を見ているうちに、自分自身が同じように絵を描いている姿を自然とイメージするようになりました。
絵を描く父の姿が日常であったことと同じように、いつか自分が芸術家になることを疑ったことはありませんでした。

そして成長し、やっとアートに没頭できる環境を手に入れたとき、私は当然のようにアーティストになっていました。 そこに戸惑いはなく、とても自然なことでした。

―― とても素敵なお父様だったんですね。
   先生の絵の中にも、お父様のアートが息づいていたりするんでしょうか?

父は素早く描きあげる鉛筆画を好んで描いていて、私はその様子をずっと見ていました。
その影響もあってか、私もスケッチのスピードはかなり速いと思います。

どのようにして作品のアイデアを思いついたのですか?

日々の一瞬一瞬に感謝し、世界の美しさに感嘆し、そして人への愛に満ちた、人生を賛美するような絵を描くことを日々心がけています。私をとりまく全てのポジティブなエネルギーを筆に載せて描いているので、私の絵を見た人も同じ気持ちになってくれたらいいなと思っています。

創造力と強いインスピレーションを体中に満たして白紙のキャンバスに向かい、そして色とりどりのアクリルや油彩、銀箔、金箔を、ブラシとパレットナイフで広げていきます。
真っ白なキャンバスに描き出されるのは、私だけのユニークでエモーショナルなイメージです。

―― 確かに、RAMZI先生の作品にはとてもポジティブで明るい印象がありますね。
   特に猫をモチーフにした作品は、先生の猫への愛情にあふれていて素敵だと思います。

猫は私のお気に入りのトピックです。本格的な絵を描く前には、必ずまずは猫の絵でウォーミングアップします。そして時々は猫の絵自体が前面に出てきます!

私は同時にいくつかの絵を描きますが、そのうちのいくつかでは、まず興味深いテクスチャーと表面を持つレイヤーを構築します。

愛、音楽、自然、そして女性。
絵を描くときは、美しい音楽を選んで聴いたり、人々への愛を感じながら絵を描いたりしています。

絵を描く上で一番大切にしていることは何ですか?

私のモットー:汚れのない日はない。スケッチのない日はない。創造性のない日はない!

ありのままの自分を描き、表現することが大切です。
これが私の人生であり、絵を描かないと生きていけないんです!


RAMZI

1954年、アーティスト一家に生まれる。
1970-1974 トルクメン州立美術学校、ショタルスタヴェリ シアターおよび装飾部門で工芸技術を学びながら、彼は父親でありアーティストのジュマから工芸の秘密を学ぶ。
1990年代には、フィンランドで絵画のマスタークラスで教鞭をとる。
2000年以降、リガに永住し、ラトビアでの展示活動に積極的に参加。

1970年にアーティスト活動を始めてから5,000点を超える絵画と彫刻が制作され、それらのほとんどすべてが世界中のプライベートコレクションにあります。

InstagramYoutube


WORKS

RAMZI

Recommended

  • キャンバスから自然の美しさが溢れ出すような極上アート作品を手掛けるJ.Luの作品づくりに迫る。

    Campaign

    2022.12.03

  • 『お酒とアート 〜 JAPANESE LABEL ART with NFT』日本酒のデジタルでの“嗜み”を、岐阜の蔵元「林本店」とともに世界に発信する。

    Campaign

    2022.02.01

  • 「ものづくりとコンテンツの融合」をめざすICOMAが考えるNFTの可能性

    Campaign

    2022.01.11

  • 京友禅デザイン画「草稿」× 芸術家/ 肉体彫刻家 「和久井 拓」氏による新しいアートの形

    Campaign

    2022.03.21